梅花祭

梅が咲く頃

今年は暖冬ですね。梅が咲くのも早いかしら・・・・

京都の春の訪れを知らせてくれるのが、北野さんの梅花祭。

北野天満宮で900年もの歴史がある祭典です。
境内には50種類、約1500本の梅の木があるのですよ~ 白梅、紅梅、一重、八重と梅にも種類があるんです。

梅の良い香りに包まれながら、境内の散策路を歩いて、お茶とお菓子を頂くのも早春の京都旅の醍醐味。

その日は、2月25日 菅原道真公の祥月命日。
道真公は梅の花をとても大切にしていたとされことが由来となって、毎年命日に梅花祭が行われるようになったそうです。

梅花祭では、野点大茶湯も開催されますよ。
京都で一番古い花街、上七軒の舞妓さんと芸妓さん達のお点前で頂けるお抹茶、格別でしょうね!!

何といっても、めちゃくちゃ近くで、本物の芸妓さんと舞妓さんが見られる~ ということが体験できるのです~

10時から16時までですよ。

野点は、豊臣秀吉公が北野で大茶会を催したことにちなんで行われるようになったそうです。
秀吉公と上七軒は縁が深く、
室町時代に北野天満宮の社殿造営の時に出た残材で、東門前に7軒の茶店を建てて参拝者の休憩所となった「七軒茶屋」が上七軒の始まり。

北野の大茶会に七軒茶屋が献上した((お好きな方も多いでしょう!))御手洗団子を秀吉公が大変喜ばれて、ご褒美として御手洗団子を商う特権と、山城一円の法会茶屋株を許されたのが、日本初の「お茶屋」の始まりといわれてます。

25日は、境内でライトアップもされてます。21時まで。篝火とろうそくの灯りで幻想的な境内でしょうね。