茅の輪くぐりに行こう!

夏越の祓と茅の輪くぐり

ついに京都も梅雨入りです。30℃越えのめっちゃ熱い日が続いて、さらに湿度が増しております。今年はマスクに加えフェイスシールドも・・・(*_*)メガネが曇る季節がやってまいりました。 皆様、くれぐれも熱中症にはお気をつけてくださいね(^^;)

 

今回は暑気払いに最適!6月30日に行われる行事「夏越の祓」のご紹介です。この「夏越の祓(なごしのはらえ)」は全国的にも行われていますが、京都でもいろんな神社で行われている行事です。

「茅の輪くぐり」とも呼ばれて、神社の境内につくられた茅の輪をくぐって、罪や穢れを落とします。

6月頃に神社に行かれて、草でできた大きな輪っかをご覧になったことはありませんか?

これが「茅の輪」です。6月頃になると、各神社では茅で編んだ直径数メートルの輪を注連縄を張った結界の中に建てます。この茅の輪をくぐって、今年前半の穢れを払い、無事に過ごせたことを感謝し、今年後半の無病息災を祈願する行事なのです。

この茅の輪は誰でも自由にくぐることができます。勿論お作法もありますが、大体の神社には説明書きがありますので、その通りにくぐれば間違いはないです。一応一般的なくぐりかたのご説明。

まずは正面から最初に左回り、次に右回りと8の字を描いて3回くぐります。。

  • 1周目:正面でお辞儀、左足で茅の輪をまたぎ、左回りで正面に戻る
  • 2周目:正面でお辞儀、右足で茅の輪をまたぎ、右回りで正面に戻る
  • 3周目:正面でお辞儀、左足で茅の輪をまたぎ、左回りで正面に戻る
  • 正面でお辞儀、左足で茅の輪をまたぎ、参拝へ

そしてくぐるときに唱え詞(となえことば)を心の中で唱えます。

  • 1周目:水無月の 夏越の祓 するひとは 千歳の命 延ぶというなり
  • 2周目:思ふ事 皆つきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓へつるかな
  • 3周目:宮川の 清き流れに 禊せば 折れることの 叶わぬはなし

こちらも地域や神社で違うことがあります。「蘇民将来 蘇民将来」「祓い給ひ 清め給へ 守り給へ 幸へ給へ」となることもありますし、混雑している場合は、1回だけの時もありますので、その神社のお作法に合わせてくぐってみてくださいね。

基本的にはくぐる時に、茅の輪の茅を抜いて持って帰ってはいけません。神社によっては御守用の小さい茅の輪が用意されていることもあります。中には抜いてもいい神社もあるそうなので、その時は少しだけ頂いて、自分で輪っかにして御守にしましょうね。

他には、「形代」という人の形をした紙に、自分の汚れを移し、お祓いをするところもあります。

 

さて、この茅の輪くぐりの由来ですが、日本神話に基づいていると言われています。昔一人の旅人(武塔神)が、ある兄弟に一晩の宿を頼みました。弟の巨旦将来(こたんしょうらい)は裕福なのに冷たく断りましたが、兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しいながらも手厚くもてなしました。数年後、この旅人が再び現れ、蘇民将来に「以前のお礼をしよう。茅の輪を腰につけなさい。」と言います。蘇民とその家族がその通りにすると、その夜のうちに蘇民とその家族以外の人は死んでしまいました。さらに旅人は「私は素戔嗚尊(スサノオノミコト)である。後の世に疫病が流行ることがあれば、「蘇民将来の子孫」と言って、茅の輪を腰につけなさい。疫病を免れるだろう。」と言って去ります。

唱え詞の「蘇民将来」はこの伝説から来ていたんですね。なんともすごい話ですが・・。

この伝説に基づき、茅の輪くぐりや、蘇民将来のお札を玄関に付けたりするようになりました。この「素戔嗚尊」を奉っている八坂神社の有名なお祭り「祇園祭」で頂ける「厄除けちまき」には「蘇民将来之子孫也」の護符が付けてあります。

八坂神社では祇園祭最終日、7月31日に神社の境内にある「疫神社」で夏越祭が行われ、参拝者は茅の輪をくぐって、護符を授かることができます。八坂神社では今年の3月に、季節外れの茅の輪が登場しました。これは神社にお参りされる方の不安を少しでも取り除きたいという神職さんの思いからで、季節外れの茅の輪の登場は143年ぶりのことだそうです。

祇園の花街にいらっしゃる、舞妓さんや芸妓さん達もお参りに行かれたんでしょうね。

では、八坂神社以外の私おススメ茅の輪くぐりをご紹介!(今年は中止や縮小など変更ががあるかもしれませんので、行かれる時はお気を付けくださいね。)

まずは「北野天満宮」。こちらでは6月25日~30日の日程で行われます。こちらの茅の輪は直径約5メートルで京都最大級!重さも数百キロという超ビッグサイスです。前日に神職の方が総出で作られるそうですよ。なかなかの迫力ですね。北野天満宮は、舞妓さんがいらっしゃる「上七軒」という花街に近いこともあって、芸妓さんや舞妓さんもお参りに来られるそうです。今年は、新型コロナウイルスの影響で、夏恒例の「上七軒ビアガーデン」も中止に。お参りにも熱が入りそうですね。

二つ目は千本鳥居で有名な「伏見稲荷大社」。日程は6月30日に「大祓式」が行われます。

こちら、つい先日うちのスタッフがお散歩で通りがかったら、もう茅の輪が設置されていたそうです。

いつもなら人でいっぱいのお稲荷さんもがら~んとしています。お近くの方は今がチャンス!

そしてちょっと変わり種。京都の南にある「城南宮」。こちらの神社は方位除けとして有名で、車の交通安全のご利益があります。なので、茅の輪も車用が用意されています。全国的にもかなりレアですよ。自動車はもちろんトラックやバスでもOK!乗ったままくぐれます。日程は、人の茅の輪くぐりは6月25日~30日。車の茅の輪くぐりは7月1日~7日です。

他にもたくさんの神社で行われています。今年は正に「疫病」に悩まされた前半年でした。「新型コロナ終息!」の願いを込めて、いざ茅の輪くぐりに!!

最後に京都ではこの時期に食べるスイーツがあります。その名も「水無月」涼しそうでしょ(*^▽^*)

「6月30日は茅の輪をくぐって、水無月を食べないと、夏が来ない!」という京都人も多いのです。

三角形の白いういろうの上に甘く炊いた小豆を乗せたもので、このういろうは氷をかたどったものといわれています。旧暦の6月1日は「氷の節句」といわれ、京都御所では「氷室」といわれる貯蔵庫の氷を取り寄せて、暑気払いをしていたそうです。しかし、昔の氷は大変高価なもので、庶民には手がでません。そこで、三角形のういろうを氷に見立て、魔除けの意味もある小豆(まめ=魔滅)を乗せた和菓子を食べて、暑気払いをしていたそうです。

6月中は色んな和菓子屋さんで目にしますので、是非!!最近は抹茶や黒糖を使ったものなんかもあって、お好きな方は食べ比べするのもいいかも(*^▽^*)

ちなみに北野天満宮の近くの「老松」という老舗の和菓子屋さんでは、夏越の祓の期間(6月25日~30日)しか水無月を作らないそうです。京都の人はこういう行事やしきたり、季節感を大事に守ってる方が多いですね。ここの水無月は上七軒の舞妓さん、芸妓さんも楽しみにしているそうです。

本格的に梅雨入りして、じめじめと蒸し暑い日が続きます。気分転換にお出かけするのも、いい気晴らしになると思いますよ。京都はまだまだ人出は少ないです(^^;) この機会に茅の輪をくぐって、水無月を食べて心身ともにリフレッシュ!なんていかがでしょうか?もちろん舞妓体験・花魁体験もお待ちしております!! 京都のおススメ、色々お教えしますよ~(#^.^#)

こちら夏場の舞妓体験で散策のお写真です。緑が映えて綺麗にお写真撮れますよ~~\(^o^)/

最後の最後になりましたが、勝手に恒例にしている御朱印コーナー!

今回は北野天満宮。御神文の「梅」が入ってます。

こちらは通常の御朱印です。刀剣御朱印はまた別の機会にでも・・・(^^)