安井金毘羅宮で縁結び&縁切り!

安井金毘羅宮で縁結び&縁切り💞

 

もうすぐ8月も終わりですね。まだまだ残暑の厳しい京都です。いつになったら涼しくなるのやら・・・(>_<)

 

今回は京都のパワースポットの中でも、最近人気が高まっている「安井金毘羅宮」と9月に行われる「櫛祭り」のご紹介です。

「安井金毘羅宮」は京都の東山に位置し、近くには清水寺、建仁寺、八坂神社など観光スポットも沢山あり、祇園までも徒歩圏内で行ける便利な立地の神社です。

その「安井金毘羅宮」ですが、ここ数年で徐々に人気が高まり、最近では行列ができる程の人気っぷり。

人気の理由はズバリ!「ご利益の効果が凄い!」

口コミで広がったようです。口コミの威力って凄い~😲😲

こちらの神社の主なご利益は「あらゆる悪縁を切り、良縁を結ぶ」というものです。最近は縁結びの神様として、認知されているようですが、京都の人にとっては昔から安井の金毘羅さんといえば「縁切り神社」として知られていました。それも結構強烈な「縁切り」😱 実はちょっと怖い系の神社なのです。

まずはその理由からご紹介~~😱

 

まずは御祭神です。安井金毘羅宮の御祭神は「崇徳天皇」「大物主神」「源頼政」。特に主祭神である「崇徳天皇」が縁切り神社の由来です。

ご存知の方も多いでしょうが、「崇徳天皇」は日本三大怨霊の一人に数えられる人物です。(「崇徳天皇」「菅原道真」「平将門」のお三方)

崇徳天皇は鳥羽天皇の第一皇子として生まれ、四歳で即位し二十二歳で退位に追いやられます。その後保元の乱で敗れ、讃岐の地へ流されてしまいます。その地でも色々あり、亡くなってから怨霊として恐れられるのです。その讃岐の地で崇徳天皇は金刀比羅宮に籠り、一切の欲を断ち切って修行に打ち込みました。その強い思いで全てを断った崇徳天皇が主祭神であることから、安井金毘羅宮は断ち物の祈願所として信仰されてきたのです。(崇徳天皇が怨霊と呼ばれた理由などは端折りましたが、これについてはまたの機会に😓)

 

そして現在、縁切りだけではなく縁結びとしても人気の金毘羅さんですが、もちろん男女の縁だけではありませんよ!様々な人間関係(嫁姑問題、会社関係、DV、虐待など)、病気、酒、たばこにギャンブル等・・・。自分では中々断てない悪縁全てが対象となります。

ですので、なかなかに気合の入った祈願をされる方が多いのです。こちらは絵馬も有名なのですが、そこに書かれているのは、あまりにも切実で、一種の怨念めいたものが感じられるものも、少なくはありません。😱😱 それだけこの神社の効果が絶大だという事でしょうかね・・。実際「怖いくらいの効果がある」という口コミが多いので有名です。

その「絶大な効果」が嘘か本当か、願いのある方はお参りしてみましょう!

さて、参拝の仕方ですが、まずは本殿に参拝しましょう。←これは基本ですね。お参りの後、「形代」と呼ばれるお札に願い事を書きます。(断ち切りたい縁や結びたい縁など)形代は金毘羅会館の台にありますので、100円以上のお志を納めていただきましょう。

次に形代を持ったまま願い事を心の中で念じて、「縁切り縁結び碑(いし)」をくぐります。碑の表から裏絵とくぐると悪縁が切れます。逆に裏から表へくぐると良縁が結ばれます。(どちらが裏か表かは、書いてありますので、くれぐれもお間違えの無いように(^^))

ちなみにくぐる穴はかなりの狭さ(大人一人がギリギリ通れるくらい)な上に、四つん這いにならないとくぐれません。ミニスカートの方は要注意です!

せまっっ!(ーー;)

最後に形代を碑に貼り付けます。糊は授与所にありますので、お借りして好きなところに張りましょう。

今は新型コロナの影響で、参拝する方も少ないと思いますが、去年までは、すごい行列ができていました。行かれるのなら今のうちに!(^^)

 

先にも書きましたが、こちらの神社は絵馬も有名です、境内にある一般の方の絵馬だけでなく、昔の古い絵馬が展示されている「金毘羅絵馬館」というギャラリーまであるので、見学するのも楽しいです。昔の絵馬って意外と大きいのです。昔は「神馬(しんめ)」といって、本物の馬を奉納していました、それが木や土で作られた馬になりに、平安時代には絵になり、室町時代には今の小さい絵馬として奉納されるようになりました。こちらのギャラリーの二階には現代の著名人が奉納した絵馬を中心に約500点ほど展示されています。水木しげるや手塚治虫、歌舞伎役者さんや有名画家さんまで多彩な顔ぶれです。

知ってる有名人の絵馬を探してみてくださいね。

 

最後にお守りや御朱印です。縁結びのお守りはよくありますが、縁切りのお守りはなかなか珍しいです。「悪縁切御守」「心機一転お守り」ご興味のある方は是非!

恒例の御朱印コーナー!

「金」と書いた宝船のスタンプが押されています。達筆ですね~。

安井金毘羅宮は神社ですので、24時間参拝可能ですが、社務所の受付は9:00~17:30までですので、お気を付けください。

 

やっぱり今回も長文になってしまいましたので、「櫛祭り」については次回へ繰り越しという事で(^▽^;) 乞うご期待!!

まだまだ猛暑な京都です。京都観光をされる方は、水分補給など熱中症対策と日焼け止め対策は万全に!気を付けて観光してくださいね(^^)

また、旅の記念に「花魁体験」「舞妓体験」もおススメです!京都に来られたら是非「京都葵」にお立ち寄りください。

クーラーを利かせて(換気はしますが・・)お待ちしておりま~す!!

 

to be continued ・・・ヽ(^o^)丿