本物の舞妓さんについて

舞妓の起源

古都京都で、絶対的な存在感で今でも人気を博す舞妓。その歴史はおよそ300年前にさかのぼります。

祇園には、八坂神社という有名な神社があります。そこへたくさんの人がお参りに来るようになり、そのお参りに来る人達のために水茶屋さんができました。有名な「二軒茶屋」(「柏屋」と「藤屋」という2軒のお茶屋、現在では「柏屋」のみが健在)が最初と言われています。

最初はお茶や和菓子だけを置いていましたが、やがて料理やお酒を振舞うようになり、女性の店員が三味線を弾いたり、歌舞伎芝居をまねて舞を踊りだすようになります。これが舞妓さんの起源と言われています。

舞妓さんとは、京都の五花街と呼ばれる花街「上七軒」「祗園甲部」「祗園東」「先斗町」「宮川町」で唄や踊り、三味線などの芸で宴席に興を添えることを仕事にする女性で、芸妓の見習い修行段階の人のことです。

mame037

舞妓さん・芸妓さんの世界には非常に厳しい独特のしきたりや伝統があります。

舞妓さんになる前の段階を「仕込み」といいます。15才頃から、置屋で先輩(お姉さん)達と共同生活をしながら、舞や行儀作法、着物の着付けなどの修業を経て、約1年後に舞妓さんとしてデビューする事ができます。

舞妓さんとしての約5年間は芸妓さんになるための修練期間で、一通りの舞や三味線、お囃子、そして大切な「お座敷」でのお客の接待をお姉さんの芸妓さんから学びます。また舞妓さんになると、お座敷には荒れた手はそぐわないとして水仕事や掃除、洗濯をしてはいけません。

舞妓さんとしての修行期間が終わると、舞妓時代の華やかな赤い衿から、大人の芸妓の証である白い衿に変える儀式「衿かえ」を経て芸妓さんになります。

芸妓さんは、文字どおり「芸」で身を立てる妓(女性)を意味します。したがって、舞や唄といった芸事はもちろんの事、お客への接し方、話題の豊富さ、女性としての魅力も益々磨きをかけなくてはなりません。

艶やかな着物に身を包み、だらりの帯、おこぼと呼ばれる丈の高い履き物で花街を歩くそのさまは、まさに古都京都に咲く花のようです。

本物の舞妓さんの着物と帯選び

本物の舞妓さんは、着たい着物を自分で勝手に決めて着ているわけではありません。舞妓さんは「お母さん」と呼ばれる女主人のいる「置屋(おきや)」というところで、数人で住んでいます。そういった置屋が何軒もあって、お仕事に一軒から一人、また違う一軒からも一人行く場合があります。

そんなときは、それぞれの着物の色が被らないようにする必要があります。その際には、同じお仕事場のお座敷に集まる舞妓さんや芸妓さんの中で、最も先輩の方から順に色を選んでいくように連絡をとっているようで、置屋の女主人が着物の色、柄、帯などを決めていくのです。

また、舞妓さんのうちは自分の衣装はなく全て置屋の持ち物となり、その中から着せてもらって仕事に行っています。自分で好きな着物を着ることができるのは、芸妓さんになって最も先輩になってからとということになりますね。

舞妓さんとは、京都の五花街と呼ばれる花街「上七軒」「祗園甲部」「祗園東」「先斗町」「宮川町」で唄や踊り、三味線などの芸で宴席に興を添えることを仕事にする女性で、芸妓の見習い修行段階の人のことです。

舞妓の着物の特徴と半衿について

舞妓の着物の特徴と半衿について

舞妓さんの着物は全て振袖ですが、一般的な振袖とは異なり肩と袖に縫い上げが入っています。肩あげは、ちょうど着物を着て肩にくるところを縫って、寸法を少し縮めます。袖あげは、袖を縫い上げて短くします。その点が成人式で着るような振袖とは大きく異なる点です。

昔は舞妓さんとして、12歳や13歳、小学校を卒業してすぐくらいの子が仕事をしていました。戦前は義務教育は小学校のみでしたので、小学校を卒業すれば仕事をする時代だったのです。戦後、義務教育が中学校までになりましたが、小学生のころから練習をしたり修行をしたりという事はありました。
小学生ですと、まだまだ体は小さいです。昔は、体が小さい間は着物を縫い上げて寸法を調整して、成長して大きくなると縫い上げを外して、成長に合わせてずっと大切に着続けていました。一般では七五三の着物にも、縫い上げが施されています。成長期にみられる着物の特徴です。

今では12歳、13歳の小さい子が舞妓さんとして仕事をすることはないので必要ないものですが、昔の名残として、「縫い上げが無いと、もうこれ以上成長しません」という意味になることから、芸事を習得中の舞妓さんの着物には必ず、縫い上げをするのが伝統として重んじられています。

また、裾や袖に綿が入っている、といった点も一般的な振袖とは異なる点です。
もちろん舞妓体験をする際に着ていただく着物も、全てそのような縫い上げが入っており、綿が入っております。成人式で着る振袖とは全く異なる、舞妓体験でしか着ることのできない特別な着物です。

mame008a

また、半衿を別につけるのですが、舞妓さんの場合は赤い半衿をつけるという決まりがあります。伝統として、赤色が多いと幼く見えるという考えがあるのです。赤い布地に、白や銀の糸で刺繍が施している半衿をつけるのが舞妓の決まりです。

若い舞妓さんほど刺繍が少なく、見た目として赤色が多い色の半衿をつけています。キャリアを積むにつれて刺繍が増え、元の地の赤色が見えにくくなり、半衿が白っぽく見えるようになります。ですが、ベースは赤というのは基本です。

舞妓に赤色に対して、芸妓の半衿は白色という決まりがあります。刺繍が増え、舞妓の赤の衿から白っぽくなっていくことで、大人になっていく様を表してもいます。

舞妓体験用に用意している半衿は、赤っぽいものも白っぽいものもご用意しておりますので、お好みのものを選んでいただけます。選んで頂く際には、ベースは赤いもので、キャリアを積んでいくと白っぽくなっていく、という意味合いがあることもご説明させていただいております。ですから若手の舞妓さんのイメージがいいですとか、キャリアを積んだ舞妓のイメージがいいですとか、ご希望に合わせて半衿をご案内させていただいております。
お選びになられた着物や帯の柄が幼い舞妓用の柄でしたり、キャリアを積んだ舞妓用のものですと、それに合わせてご案内させていただくこともあります。

舞妓体験ができるのは、京都ならではだと思います。卒業旅行や成人式、記念日などで京都へお越しの際には、ぜひ当店の舞妓体験を、素敵な思い出作りにお役立てください。