舞妓さんのメイクについて

当店の舞妓メイクあれこれ

舞妓さんのメイクについて当店のこだわりポイントなどを記しています。

ベースメイク

普段通りのお化粧をされてくる方が多いので、一度全て落としてから舞妓さんメイクを施します。

下地を塗る時は、クリーム状の下地でマッサージを兼ねながらリンパの流れに沿って下地を塗って行きます。顔筋マッサージをするような気持ちでリンパの流れを整えると、血行も良くなり、お化粧のノリもよくなります。

下地を塗ってから白粉を塗っていくのですが、本当の舞妓さんは鬢付け油(びんつけあぶら)を顔に下地として塗り、上から白粉を塗ります。鬢付け油とは、従来髷(まげ)を結う時にワックスのように使用していたものです。

mame055

塗り方としては、まず手に鬢付け油を取り、手の温度で柔らかくしたのちに顔・首筋・襟足・背中にかけて白塗りするカ所に塗ります。強力なのでクレンジングの際に取れにくく、時間がかかるのが難点です。クリーム状の下地ですと、クレンジングに時間がかかりません。鬢付け油をご希望される方にはご用意がありますので、ご相談させて頂いております。

本当の舞妓さんは使っていませんが、クマが気になるという方には現代のメイクの良いところを取り入れて、下地にコンシーラーで肌色を整えてから白塗りをさせて頂いております。

白塗り

舞妓さんのお化粧は、現在のように電気照明などなく、ろうそくや行灯で生活していた時代からされていたお化粧です。舞妓さんと芸妓さんは、白いお化粧が基本です。

水化粧とよばれ、水溶きの練り白粉と、粉白粉を使用います。当時、ろうそくのぼんやりした明かりの中で最も美しく反射し、美しく見せるための工夫だったのです。

 

眉毛

舞妓さんの場合は、本来の顔を活かして化粧をします。

舞妓さんが目指すお化粧は、おぼこい顔です。京都方面の方言で、子どもっぽい・初々しいということを表します。
形としては、笹の葉のような湾曲が理想とされています。普段、眉山を高く書いている方も、笹の葉のような形に描くことでいつも違う雰囲気のお顔になりますね。
眉毛の形を整えたい方は、こちらでカットさせて頂くことも可能です。

必ずしも全員が同じ形ということではなく、その人のご希望や好みに合わせて大人っぽいのが良い方にはシャープにしたり、可愛らしさを求める方には丸みを持たせて少し太めに描くことで、幼くみえるようにします。色も特徴的ですが、白い肌に黒で描くときつくなってしまうということと、他のアイメイクや口紅と馴染みが良いようにという意味で、黒では書かずに赤と茶色でぼかしながら描いてきます。

アイメイク

アイメイクで使用する色は朱色と黒です。黒いアイラインで引き締め、朱色を目尻に引きます。

本物の舞妓さんは、黒いアイラインをほとんど描かない人もいれば、目の印象をパッチリさせるために太く描く方もいます。お顔立ちによって、太さや長さは個性がでるところです。
目元に紅を指すことは「魔除け」と考えられてもいます。朱は穢れを祓い魔除けの色として使われてきていました。

朱色の目尻のアイラインは必ず入れるというのが舞妓さんのアイメイクの基本です。
まぶたは、頬紅が眉毛の下からと頬にかけて少しうっすらピンクが入るようにします。まぶたにだけピンクのアイシャドウを入れるということはなく、まぶたと頬にかけて薄く頬紅が入るような感じで柔らかいイメージなるようにしています。

mame003a

また、ピンクの濃淡を眉頭のところ入れたりしたほうが立体感を出すことができます。ノーズシャドウのような感じです。古典的な化粧に、少し現代的なニュアンスも取り入れています。ノーズシャドーは入れた方が鼻が高く見えますね。

アイラインの太さや長さはその方の目の大きさや、お顔全体のバランス、お客様のご希望によって違います。アイメイクはお客様のご希望を聞きながら入れています。なので、一人一人、ご相談やご要望次第でお化粧も微妙に変わってきます。

どうしても付けまつげを付けたい方は、お化粧が全て終わってから、ご自身の物を付けて頂いても構いません。まつ毛エクステをつけている方は、問題なくそのままお化粧を進められます。

口紅

現在一般的に使用されている口紅は、油分が入っている口紅です。
しかし舞妓さんのメイクで使用する口紅は油分が入っていない、水紅と呼ばれるものです。紅筆に含ませた少量の水で、固形状の紅を溶いたものを塗ります。

性質や発色も、油分が入っている物と水性とでは違います。水性の口紅はマットな仕上がりになり、油分が入っているものはてかりが出ます。水化粧のマットな仕上がりのお顔には好相性なのです。
水彩の口紅はとても落ちやすいので、あまり舐めたり上下の唇を合わせたりすると、形が崩れてしまいます。そういった場合はすぐにお直しさせて頂いております。

このように、お化粧をしてからお食事を取るのは難しいことです。そこで京都には手まり寿司という、舞妓さんが食べやすいように小さく握ってあるお寿司があるくらいです。

最後に

眉毛、アイライン、口紅のバランスはお客様のお顔立ちに合わせてお化粧させて頂きます。

眉毛と目と口、丸顔か縦長か、お顔の幅や長さなどもお客様によって様々でございますので、お客様のご要望をお聞きし、お客様とご相談させて頂きながらご満足頂けるように進めさせて頂きます。