花魁の衣装

花魁の衣装について

花魁はきらびやかな衣装で吉原の街を彩る、だれもが憧れる美しさの象徴として知られていました。
現代においても花魁に対して憧れを抱く女性は少なくありません。
そのため、花魁の衣装をまとい撮影をする方なども多くいます。

そこで、より花魁の美しさに迫るために、花魁の着ている着物についてご紹介します。

花魁が着用していた衣装

花魁が着ている衣装とは絵踏衣装とも呼ばれるものです。
高価な衣装を誰が用意していたかというと多くの場合、花魁を馴染みにしたい顧客たちでした。

花魁を馴染みとするには、まずは何度か通う必要がありましたし、花魁へと仲介してもらうためには、その期間のうちに上客として認められる必要がありました。そのため、花魁を狙う客は少しでも良い客とみてもらえるようにあの手この手で花魁の気を引いたのです。

花魁を馴染みとするためには、城が傾くほどの莫大な資金が必要ともいわれており、吉原を利用する客たちの中でもほんの一握りの莫大な資金力を持つ有力者のみ花魁へと近づくことができました。 花魁の衣装は、花魁にとっての花嫁衣裳を意味しています。

そのため、花魁外相にかける思いはとても大きく、客としても手を抜いた「花嫁衣裳」を準備することはできないため、そこに莫大な資金を投じて花魁に何とか近づこうとしたのです。

花魁にとっては一晩限りの「初夜」のために、花魁の衣装を身にまとい、花嫁のように帯を前で結び、一番外側には色打掛けを着ます。こうした衣装の豪華さがいわば花魁にとっての格ともなったために、花魁にとっては一つの重要な目安となりました。

花魁が着用していた衣装

遊女は衣装に対する思いが非常に強く、「八朔」という日には今でいうところの衣替えのように、新しい着物へと変えていく行事もありました。この時にどれだけ多くの衣装を変えることができるのかは、遊女にとっては意地の張りどころ、見栄の張りどころともなりました。

衣装は遊女にとって、生きてきた成果を表す目に見えた結果ともいえる重要なもので、当時の江戸の人々はそのようにして彩る遊女たちを粋なものとして好意的に見ていたのです。

花魁衣装の特徴と着こなし

花魁の衣装の特徴としては、裾が丸くなっていることが挙げられます。
なぜ裾が丸くなっているのかというと、長いまま引きずることによって裾がめくれてしまったり、足にまとわりつくことにないように、裾の部分に「ふき」といわれる綿を詰めていたためです。

このようにして丸く厚みを出した裾をからげて歩くことによって、花魁は身長を高く見せることや、見栄えをさらに良くするといった効果を狙っていたようです。今も昔もすこしでもスタイルを良く見せたいという乙女心は変わらないのかもしれません。
とりわけ吉原の花魁は、大阪や京都の花魁よりも多くの「ふき」を詰めていたそうですので、やはり江戸ならではの粋がそこに感じられたことでしょう。

花魁の着る着物は床を擦ってしまうぐらいに長い丈で下半身が末広がりになっていました。
こうした和装全般を「裾引き」などといいます。

こうした引きずって歩くスタイルは、花魁が中に着ている襦袢や裾裏をわずかに見せて歩くことになったので、よりセクシーに演出することに成功していました。今も昔も見えすぎるよりも時折のぞかせるセクシーさが男性の心を虜にしていたのかもしれません。

花魁風の着方として注目されているポイントは襟に関する着付け方です。花魁の襟は非常に特徴的で「抜き襟」と呼ばれていました。

打掛

これは、うなじから背中までが大きく見えるように後ろ襟を大きく開けて着付けをしたためでした。

こうした華やかな花魁の衣装は現代においても非常に高い注目を集めています。夏祭りや成人式などでも、花魁風の衣装を身に着ける人は少なくありません。
江戸の町を彩った花魁の衣装は現代でも通じる美であることは間違いありません。

現代の花魁風の衣装の場合、江戸時代に実在した花魁を忠実に再現しようとする試みというよりかは、歴史に触れながら、着物を体験するというコンセプトの方が重要視されている側面もあります。

江戸時代と現代との着物の着方の違い

服装は時代とともに変化していくものです。
着物は昔からファッションですが、着物の着方は時代とともに変化しています。

まず特徴的なのは、現代の着物が体型の補正も大きな要素を占めるのに対して、江戸時代の着物は補正をほとんど行いませんでした。
理由として考えられるのは、着物が江戸時代は普段着だったということが挙げられます。普段着なのに体型を補正していては、動くのに大変苦労したことでしょう。

江戸時代と現代との着物の着方の違い

着物は普段着ではなく、特別な時の衣装という意味合いが強くなった現代の日本において、補正をしてより美しく見せようという傾向が強まったのかもしれません。また、江戸時代には、基本的に帯の位置は今よりも下でした。それには江戸時代の女性は下履きをしていなかったことに原因があるようです。

現代の着付けくらいの帯の位置が定着してくるのは、昭和初期のころだったと思われます。
また全体の着付け方としても、帯をきつく締めすぎない着付けが主流だったようで、現代のように着付けをして長時間経つと疲れてきてしまうような着付けは行われていませんでした。

当時の人々は、着崩れをしないながらも要所をしっかりと押さえて、ある程度のゆとりを持たせて着物を着つけるプロばかりだったといっても良いでしょう。もし今江戸時代にタイムスリップしたら、あまりに着つけの緩さに驚いてしまうかもしれません。

花魁風の衣装の着付け方は、多少普通の和装とは異なります。上品な雰囲気を残しながらも、セクシーさも強調するという絶妙なバランスをどのようにとるのかが、花魁風衣装のポイントといえるでしょう。

江戸時代の花魁たちは、花魁としての気品や、どのような客に対してもひけをとらない完成された所作により、花魁の花魁たるゆえんを誇ってきたのです。そのような誇り高い花魁たちに思いをはせながら、花魁着物を体験してみるとより一層楽しめることでしょう。